広告


Jw_cadの10tトラックのデータをお探しですね。

ダウンロードサイトをはじめ、まとめてみようと思います。

10tトラックのダウンロードサイト

“10tトラック cad ダウンロード”でGoogle検索する事からスタートです。
なかなかズバリというものは無かったりします。大型トラックで検索しても近いものを検索できるでしょう。
どこかで妥協が必要かもしれません。
利用規約があれば読んで商用利用かチェックしたり、許諾が必要な時はお願いしましょう。

10tトラックとは

10tトラックとはどのような車でしょうか。
Google検索で”10tトラックとは”で調べると、参考になる情報が得られるでしょう。

Google画像検索で調べる方法

Google検索の画面の右上の方に”画像”というリンクが有るので、そちらから画像検索の画面を呼ぶ事ができます。
普通に”Google画像検索”というキーワードで検索するのも良いでしょう。
よく使うようならブックマークやお気に入りに入れると、次から楽に使えるようになります。
見た目から知りたい時は、この方法が便利です。

必要資格・経験

大型免許が必要なようですが、法規は改正される事がよくあるので、必要になった時に最新の情報を得た方がいいですね。ネットに調べるのもいいですが、詳しい人や専門機関に問い合わせるのが良いでしょう。
普通の車でまず最低限の経験を積み、徐々に大きい車に慣れていくのが良いでしょう。
事故を多く起こす人や、運転に自信の無い人はやめておいた方がいいでしょう。
あと力持ちの人がいいでしょうね。

データが見つからない時

検索のコツ

まずは思った通りに検索しましょう。
検索して見つからなかったらキーワードを変えてまた検索。
検索結果に使えそうな文言やキーワードがないか探してヒントにすると効果的です。
画像検索も参考になる場合があります。

AutoCADのデータしか見つからない時

変換ソフトを探しましょう。
JacConvertやDraftSightが有名です。
DXFやJWW形式に変換するとよいでしょう。

先輩にお願いしてもらう方法

社内の人間関係を良くする努力は、どこの会社でも大事だなあって転職する度に思います。

自作する方法

Google画像検索の画像を参考にしながら作るとよいでしょう。
なぞって作れる画像を探すといいでしょう。
ラスタベクタ変換で作れればお手軽ですが、多分かえって余計に時間がかかりそうです。なかなか人間と同じ事はソフトでできないものです。

データの管理法

次からの生産性を向上させるために

1回目より2回目の方が、図面の作成は楽でしょう。
データの再利用する事を考えて、パーツを整理しておくといいでしょう。

少量データの保管法

ミラーリングのNASやMOに保存するとよいでしょう。
USBメモリでは無くしてしまうかもしれません。

大量データの保管法

M-Discという長期保存に向いた光ディスクが最近は売られているので、探すとよいでしょう。ただし対応ドライブを使う必要があります。

計画は慎重に

事故が起きないよう計画は慎重にしましょう。あまりひどいと許可が下りない場合があるかもしれません。

個人的に思う事

私では10tトラックなんて運転もできないですし、計画する事も自信が無いです。
できる人はすごいです。

広告