広告


Jw_cadをWindows8.1の64Bit版で動かしたいのですね。

Jw_cadをダウンロード

まずはJw_cadをダウンロードしましょう。
検索エンジンで”jwcad ダウンロード”のようなキーワードで探すといくつかダウンロードサイトが出てくると思います。アドレスを見て、自分が最も信頼できるサイトからダウンロードすると良いと思います。上位に出てくるようなサイトなら大丈夫である事が多いのですが。

Jw_cadはWindows8.1の64Bit版で動作するか

さてこれが一番問題ですね。
Jw_cadをWindows8.1の64Bit版にインストールして使えるかどうかです。
いろいろサイトを見ますが、多分大丈夫でしょう。
インストールしてみてから対処法を探しても良いと思います。
最近のバージョンであればそれなりに多くの人が動作テストをかねて使用しているので、何か問題が発生していれば、多くの内容が対処されていると思います。

多分うまくいくのでトライしよう

前にも書きましたが、できるかできないか不安かもしれませんが、やってみましょう。

おすすめバージョン

おすすめのバージョンは7.11または最新版です。7.11は少し古いですが安定しているバージョンで私のWindows10Proのマシンでも特に気になるほどの問題は発生していません。Windows2000以降に対応していてかなりチェックされているようです。
それで駄目なら最新版でしょうか。

そろそろWindows10に移行してみては

今人気のWindowsは7または10で徐々に10の割合が増えているところです。
Widnows10は半年ごとに無料アップデートを行っており、その度に環境が壊れないか不安になりますが、今後は職場のPCもWindows10を使うようになると思うのでその準備として自宅でも導入しています。そんなうんちくもありますが、ただ新しい物を使ってみたい。それだけの理由であるのかもしれませんが。メモリは8GBが最近のパソコンの標準みたいです。

都合が有って古いバージョンを使いたい時

中古PC

中古パソコンショップで古いパソコンを買ってきて、使える状態にセットしておけば万が一古いJw_cadや外部変形を使いたくなった時に役立つと思います。

仮想環境

仮想環境を導入すれば特に部屋の中でスペースも取りません。
ハードディスクを消費するぐらいです。
パッケージ版の古いWindowsを用意する必要が出てきますが、頑張って入手しましょう。

基本は思った通りにやってみよう

いろいろ書きましたが、パソコン物はつないだりボタンを押せば結果はかえってきます。同じ事をすれば人が違っても同じような結果になると思います。
失敗しても少額のお金を失うだけですし、苦労して何かできたときの達成感はあります。

広告