広告


Jw_cadでグリッドを表示してスナップさせる方法をお探しですね。

グリッドを表示してスナップする方法

↓こちらのサイトがまとまっています。
●【Jw_cadの使い方・小技集】画面上にグリッドを表示させて作業を行いたい
http://www.g-hokuto.jp/jwcad/jw006006.html

こんな所に設定があったとは

[設定]メニュー→[軸角・目盛・オフセット]のところに設定ダイアログを読み出すメニューがあります。
いろいろ使ってみるものですね。
私も初めて知りました。
使う人はもう既知だと思われますが、入門書を読むだけじゃ駄目ですね。

グリッド間隔は簡単に変えられるのでいろいろ試して

グリッド間隔は数字で指定すると簡単に変えられます。主グリッドの中間グリッドの点も簡単に指定できます。
指定するとOKボタンを押さなくても反映されるので、最初のうちはちょっとびっくりするかもしれません。

スナップは右クリック

スナップは通常通りグリッド点付近で右クリックですね。

それにしてもCADはソフトによって操作が違う部分があって、いろいろなCADをいじってしまうと訳がわからなくなってきます。
会社が変わると、使っているCADも違ってくるものです。
汎用CADは何から何まで書かないと駄目ですが、アドインや外部変形で便利なものがあれば生産性が上がるものなのでしょう。
ただやっぱり限界はあります。
グリッドはきりのいい数字の線だけを引くときは便利かもしれませんが、実際の構造物は中途半端な寸法のものが多いので、グリッド機能が用意されていても使わないような気もしますが、用途によっては使う場合もあるのかもしれません。

私も昔は算数で方眼ノートを使っていましたが、気がつくと大学ノートに変わっていました。今思えば自身の才能よりも授業を行う先生が優秀だったのだろうなという場面を思い出します。
子供時代にそれなりに自信の持てる分野があると、これで生きていこうという柱みたいなものができるので、小学校の時の恩師には感謝しなければなりません。
いい成績の教科が無いと、どうなったかはわかりません。
ただ、歳を取ると、良くわかりませんが畑違いの職業に流れてしまい、困ったものです。
今後も、職業開拓の日々が一生続くのかもしれません。
あと数年すると今まで無かった新しい職業が出てきたり、AIで減っていく仕事が出てくるのでしょうね。職業開拓は今生きている人みんなの課題なのかもしれません。

広告