広告


Jw_cadでの建築図面の書き方をお探しですね。

まずは専門知識が必要です。

建築に明るくなる事から始めましょう。
学校に行ったり、本を読んだり、現場作業をしたりいろいろな方法があります。できる事は年齢や予算によりきりですが。

教育機関で学習

まだ若ければ可能な選択肢でしょう。

専門学校

建築の専門を深く学べます。
ただ大学に行けるだけの学力があれば、大学の方が難しい事もマスターできるかもしれません。
新卒なら専門分野の仕事に就きやすいと思います。

大学

理解できそうもない無茶な講義もあったりします。単位はとにかく早く取らないと駄目ですね。
広く深く学べ、学力も付くので、大学での苦学は後々どんな仕事にも役に立つと思います。
何か失敗しても、リカバリする能力も付くかもしれません。
私もまた大学に行ってみたいと思う事もまだありますが、入るのも卒業するのも大変な世界です。大学は基本的に人生でチャンスは一回きりですね。

書籍で学習

大きな本屋さんで探す

Amazonで予習して購入予定リストを作ると便利です。
本に何を求めるか考えておくと、リスト外の本が気になったときの判断材料とすることができます。
ジュンク堂のように、ネットで在庫があるかわかるお店もあるのでチェックしましょう。

Amazonで探す

絶版になった本でも中古で買える場合があります。
家に居ながら注文できます。
本屋さんに行く暇がなくても注文できます。
本によっては目次を見る事ができ、購入の参考情報を得られます。

見習いで就職

まずはアルバイトから

アルバイトで仕事に就き、仕事を覚え、段々上っていきましょう。
最初は期間限定の繁忙期のみで時給いくらかのアルバイトからでしょう。最初は簡単な仕事から始まります。だんだん難しい仕事もやるようになっていきますが、頑張ってついていきましょう。会社によってはある程度の期間を勤めて能力が認められると、時給が上がったりバイトから契約社員や正社員や役職を与えられたりする所も有るかもしれません。私も粘り強く取り組んでいれば、何かあったのかもしれませんが、転職して、世捨て人化してしまいました。

プロから学ぶ

近しいプロから少し教わる

一言だけでもすごい事を学べてしまいますが、できるだけ負担をかけないように、他の方法も兼用しましょう

図面の書き方

図面の書き方は言葉では簡単ですが、バックグラウンドには広くて深い世界を伴っています。前提となる知識を既に持っていれば足りない部分だけ人に聞いたり本を読んだりするだけで良いのですが、それが無い時は多大な苦労や時間がかかると思います。
でも、その道を進む決断をされたのであれば、頑張りましょう。

広告