広告


Jw_cadの16tラフターのデータをお探しですね。

16tラフターとは

Google/Google画像検索

16tラフターがどのような重機かおぼろげなイメージしかわかない方は、まず”16tラフターとは”で検索しましょう。文字コンテンツならGoogle検索、画像で見たい方はGoogle画像検索が良いでしょう。
●Google
https://www.google.co.jp/
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi

実機が見れると一番いいけど

情報機器で見るのも良いですが、現場で見れる方は見ておいた方がいいでしょう。デジカメで写真に撮ってどこかにストックするのも良いでしょう。

16tラフターのデータがダウンロードできるサイト

↓ラフタークレーンのCADデータを公開しているサイトが4つ見つけられました。
●CADデータ | データ提供サービス | 株式会社タダノ
https://www.tadano.co.jp/service/data/data2.asp
●ラフター | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC.html
●ラフタークレーン | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3&ext=jww
●CADデーター【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/data-cad.html

ラフタークレーンの仕事

いろいろなメーカーに対応しよう

どこの会社のクレーンの方が耐久性がいいとか、操作が簡単だとか、職人さんは感じていますが、いろいろな会社のクレーンを運転できると今後も仕事を続けられやすくなると言っている人がいます。いいものを使いたいというのも本音なのでしょうけど、あるものを使うしかないというのも現実なので。

若いうちから経験値を積む

若い時はいろいろな事をすぐに覚えられますし、若い時に始めないと身につけられない技術もあります。ラフタークレーンの運転には資格も必要ですし、覚悟ができたら早く仕事に就きましょう。

まだAI化はしないのでは

やっぱり現場で一緒に仕事をする人と呼吸が合わないと事故のもとでしょう。現場の息吹を感じられるAIの登場は自動運転車より後になるのではないでしょうか。

やっぱり向き不向きはある

うまい人・うまくない人といるようで、待遇面でも差があるみたいです。

工事の道路占有の許可書類作成

サンプルを入手

会社で過去に作った事があるのでしたら、先輩や上司に頼んで、見本をもらいましょう。

入れ替える部分を作る

過去の書類をよく読んでどこが流用できるか、少しの変更で使えるか、全く一から作らなければならないか等、作るための戦略を練っていきましょう。

次からの作成スピードを上げる

再利用できる部分を次に使いやすく整理しておく事で、次からのスピードが上がるでしょう。

広告