広告


LinuxでWineにJw_cadをインストールしたいのですね。

Wineとは

↓こちらの記述がわかりやすいでしょう。
●Wine – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wine

Wineを簡単に紹介すると、Linuxを含むUnix系OSでWindowsのアプリケーションプログラムを動かすためのプログラム群の事のようです。昔は渋いと言われました。今はどうなのでしょうか。

LinuxでWineにJw_cadをインストールする方法

↓↓4件紹介します。
↓インストール事例その1
●Debian LinuxでJwCadを試してみる [Green-pen miyagi]
http://www.green-pen.jp/jwcad/jwcad.html

↓インストール事例その2
●【Ubuntu】Jw-cad をインストールしてみる
http://zaka-think.com/linux/ubuntu/ubuntu-jwcad/

↓インストールのための掲示板はこちら
●Ubuntu日本語フォーラム / WineでJWW-Cadが利用できる方法を教えてください
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=53366

↓トラブルシューティングはこちら
●Linux + Wine 3.0 環境で Jw_cad v8.03a の作図領域が真っ黒
https://kanapapa-no-rakugakinote.blogspot.jp/2018/01/linux-wine3.0-jwcad-v8-install.html

Linuxか

私も昔いろいろなLinuxをパソコンに入れて、Windowsの次にLinuxの時代が来ると意気込んでいた時期もあったのですが、やっぱりWindowsは値段が高いものの、使いやすいです。職場でもLinuxなんて見た事ないですし。やっぱりWindowsを使い続けた方がいいみたいです。Jw_cadも無理をしないでWindowsで使った方が飯の種になると思います。

普通にWindowsを使った方がいいと思う

上でも書きましたが、まだしばらくWindowsの時代は続きます。
個人的にはOfficeソフトも普通にExcel・Wordが使えた方がいいですし。
他人と何かデータ交換をする時、Linuxでは泣く場面があるかもしれません。
普通が一番と言う事でもなく、仕事をするためには現実的な選択だと思います。

広告