広告


Jw_cadで面取の図面を作りたいのですね。

Jw_cadの面取を解説しているサイト

↓6件紹介します。
●Jww cad 使い方 入門:「面取り」で図形の角部を削り角面や丸面などの形状に加工する 梶山 喜一郎
http://monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/jw_2dcad/draw_chamfering01.html

●JWのCADの使い方-面取
http://dore.syoutikubai.com/mentori.html

●面取り・コーナー処理 | Jwcad操作マニュアル
https://jwcad.s-projects.net/chamfering.html

●面取 丸面 Jw-CADの教科書
http://jwcad.eijingu.com/mentori17.html

●Jw_cad はじめてのひとに:面取・コーナー・伸縮
http://sakuzu.morikei.net/editing/menconer.html

●Jw_cadの面取処理の使い方(2
https://ah8413.com/category1/category2/Jw_cad16.html

Jw_cadは円弧のRだけで無く楕円のRやその他いろいろな面取を作ることができます。
円弧だけでもマスターして、他の面取も似たような方法でできることを覚えていれば、使う機会が出てきた時に対応できるでしょう。

中学の技術家庭科で木工のRをつくる

面取というと技術家庭科の木工で椅子にRをつけた事を思い出します。
上手くできるとうれしいものです。
やすりをかけて滑らかにしたりしました。
あまりゆっくり機械にかけ過ぎると焦げてしまいます。
懐かしいことを思い出してしまいました。
あれからあっという間でした。
もう私も歳を取ってしまいました。

角よりRの方が長持ちしそう

角を作っておくと何かの拍子でものや人がぶつかると、ものが傷ついたり、人がけがをしてしまうかもしれません。Rの設計は見た目も大事ですが、その辺も重要な役目を果たしているのでしょう。

加工のプロは苦労が絶えない

プロになってくるとただRをかけただけではお金はもらえないでしょう。
いい状態の製品を量産できなければなりませんし、いい機械を買うとお金もかかりますのでやりくりをシビアに行わなければなりません。
教えてもすぐ仕事を辞める人もいるでしょうし。仕事がなかなかできない人もいるでしょう。
私も少し身に覚えがありますが。

広告