広告


Jw_cadで縮尺が1/50の図面を書きたいのですね。

縮尺を変える方法

↓2件紹介します。
●縮尺変更時に寸法が変わる、変わらない設定
http://jwcad-tsukaikata.com/category24/category14/ShukushakuSunpou.html

●縮尺・読取設定 – Jw_cad超初心者道場 ~JWCADの使い方~
http://www.jwdojo.com/setting/1301.html

縮尺はレイヤーグループ毎に設定できます。実寸固定と図寸固定で固定される長さが変わりますので、確認して設定しましょう。

Google画像検索で検索

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“jwcad 1/50″で検索すると、設定画面の画像がいくつか出てきます。

意味があるのか

特に1/50で検索するのではなく、”jwcad 縮尺を変える方法”みたいなキーワードで検索した方が、参考になる情報を得られやすいのではないでしょうか。

縮尺は対象物に応じて設定

縮尺は対象物が図面に収まるように設定します。対象物が収まらなくても複数枚の図面で表す場合もあります。それは打ち合わせで決めるか、取引先に伝えましょう。

縮尺が1/50となると紙の20cmが構造物の10mとなります。
建物を表すのにちょうど良さそうな縮尺かもしれません。
これからJw_cadを学んでいく方でしょうか。
屋内でCADを使う仕事に就いて、室内の作業が続くと、外の作業が恋しくなってきます。外の現場作業もいいものです。暑い日に冷たい飲み物を取ったり、寒い時期は温かいコーヒーがおいしいです。パソコンのディスプレイばかり見ていると眼も悪くなります。外で自然光を受けるといくらか眼の調子が戻ってきます。
一番いい仕事は、いろいろな作業のある仕事なのかもしれません。
何でもできる事を求められるので、なかなか大変なのですが。
建築の仕事も、満足を求めるためには何でも知っていなければならないので大変な仕事です。
そんな事言っているとどの仕事でもいろいろな事を知っている事を求められるのですが。今は情報ツールが発達して、ただでいろいろな情報を得られるようになりました。
専門家がやりにくくなったという声も聞きます。
ただ、ネットを見ただけではできない事もあるので、本物のプロは生き残るでしょう。高価な設備が必要だったり、人にまねのできない事ができたり、お金を払ってでも他の人にやってもらいたい事は残ります。

広告