広告


Jw_cadのデータをiPhoneで見たいのですね。

TouchJW v2を使う方法

↓TouchJW v2のダウンロードサイトです。
●「TouchJW v2」をApp Storeで
https://itunes.apple.com/jp/app/touchjw-v2/id996794955?mt=8

↓動画で機能を紹介しています。
●TouchJW v2 for iOS iPhone唯一のJw_cadブラウザ – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=HF_jWihvOTc

PDFで持ち歩く方法

PDFで持ち歩くためにはJw_cadのデータをPDFに変換しなくてはなりません。
↓無料でPDFに変換できるソフトです。
●無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/index.php

印刷機能を呼び出して、プリンタをCubePDFに切り替えて印刷すると、保存先が聞かれるのでフォルダとファイル名を指定すると、その場所にPDFファイルが作られます。
上記サイトでは他にもPDFの編集に役立つツールが無料でダウンロードできます。
CubePDF PageとCubePDF Utilityはなかなか良いです。

デスクトップクラウドを使う方法

iPhoneからWindowsの画面を表示・操作できるクラウドサービスでデスクトップクラウドというのがあります。
私も使っているので、Jw_cadをインストールしてみたのですが、インストールして動作させる事は出来るようです。軽く使った限りでは、取り立てて問題なく動く感じです。
ただ、タッチパネルで使い物になるかはちょっと自信はありません。
●様々な端末からWindowsPCが利用できる仮想デスクトップなら【お名前.comデスクトップクラウド】
https://www.onamae-desktop.com/
24時間パソコンの電源を入れっぱなしにして何かをしようという用途の思いつく人には便利に使えると思います。一番安い料金プランで、短期間の契約からスタートとすると良いでしょう。

いろいろ試そう

いろいろ方法を紹介しましたが、なかなかいい方法は無いものです。
結局図面は大きな紙に印刷して持ち運ぶのがいいのではと思うのですが、現場の人がタブレット・スマホで見たいというのであれば、それが正しい方法なのでしょう。
Windowsタブレットを持ち運ぶ方法や、ノートパソコンを使う方法も有るのでしょうけど、却下されたのかもしれませんし。

広告