広告


Jw_cad用の電気記号をお探しですね。

ダウンロードサイトを探す

“jwcad 電気記号 ダウンロード”のようなキーワードでGoogle検索すると、いろいろ見つかります。
ただし、電気記号はいろいろな分野で違う表記となっている事があり、ある程度学習していくつか自分が必要な記号は頭の中に入れておく必要があります。
そうしないと場違いの図面を作ってしまうかもしれません。
一番いいのは、御自分の職場で使用例の書いてある図面をストックする事でしょう。

検索方法

先程書いたように、電気の記号はいろいろ分野によって違います。分野を検索キーワードに指定するか、検索結果を一つ一つ見ていって、合っているものを探しましょう。

業務CADを導入

Jw_cadは汎用CADではありますが、どちらかと言えば建築業向けCADです。電気工事屋さんでも、使う業務は有るかもしれません。
ただ、少しの手直しで全部書き換えなければならない事が出てくるかもしれません。
ちょっと不便だなと感じたら業務CADの導入を検討すると良いかもしれません。Jw_cadに無い業務分野に特化した機能がありそうです。高価な所がちょっと残念ですが使いこなして生産性が上がってくれば元は取れるのではと思います。

私もよくわからない

私も電気はちょっとかじっただけで、どんな分野があるかリストにしなければならない時、調べる事から始まります。それでも恐らく網羅はできないでしょう。夢の無い話ですが、中学生・高校生ぐらいになったら、ハローワークの求人を見て、現実的なキャリアパスを考えていかなければならなかったのかもとか思います。ただ好きだからこの分野の大学に行こうでは、もし自分が通える範囲に仕事が無ければ都会に出なければならないかもしれません。転勤族も覚悟しなければならないかもしれません。求人は今はネットで見れる時代ですから考える時間はあります。環境の変化に適応できない人も出てくるでしょう。仕事に就けるかは運もありますし、正解は無いものです。
小学生の時、フルーツバスケットというゲームを時々やっていたのですが、あまり席を動かない人が残りやすい事になってはいました。人生も席をあまり動かない人の方が残りやすいのか、ちょっとわかりません。その時その時でよかれと思って判断しているわけで、不可抗力な所はあります。
いろいろな境遇の人がいると思いますが頑張りましょう。人生とゲームは同じ訳では無いですし。

広告