広告


Jw_cadで地図のトレースをしたいのですね。

トレースの参考になるサイト

↓5件紹介します。
●Q.00118 Jw_cadで地図のトレースをしたい。 – Jw_cadのFAQ|建築知識|X-Knowledge(エクスナレッジ)
http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/jw_cad/2008/03/post-375.html

●jwcadでスキャンした図面を綺麗に取り込む方法 – ヤイクス不動産 中津市の賃貸アパート・土地・中古住宅
https://yikes.co.jp/archives/2427

●Jw cadで画像のトレース – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=CpPUFmEgzIY

●Jw_cad 使い方(敷地作成の手順)
http://mam-mam.net/jw_cad/reverse/5.html

●JWW外部変形からの地図製作
http://www.kuma-cho.com/oyakudati/4hosei/4hosei1.htm

元図の利用規約をチェック

Googleマップの場合、利用規約が書いてあるので良く読んで、許可を取るようにしましょう。個人的な利用でも、商用利用でも、許可が必要な可能性があります。
一言言うだけで結果ががらりと変わるのかも知れません。
言うのは少し面倒な事ではあるのですが。

ラスタベクタ変換はあまり期待できない

地図をビットマップ形式に変換すると、フリーソフトのラスタベクタ変換のソフトを通せるようになります。
文字を線の集まりとしてとらえたり、ノイズを拾ったり、人と同等の事は期待できません。
作った人も無理を承知で作ったとは思うのですが、無料で最先端を試せるという事でどんな結果であれ、感謝しなければなりません。
大概の人はプログラミングの技術があっても無理だと思って作ろうとは思いませんし。

人が見て手でトレースするのが最高

人がよく見て判断して引いた線にかなう物はありません。
AIでトレースを自動化しても人がチェックする仕事は残るでしょう。
チェックして直しが発生した時、微調整に時間がかかり、却って人が最初からトレースした方が速いという事例も出てくるかもしれません。
AIは機械学習をさせて、機能を実装していくようですが、無限にデータのある現実を網羅したAIサービスができても、年月を経て信用ができるまで、時間がかかる製品もあるのでしょうね。

広告