広告


Jw_cadの外部変形の実行にRubyが必要なのですね。

Rubyとは

Rubyはプログラミング言語の1つです。
中身はRubyについての入門書を読むのが良いですね。
ネットで細かく調べても、なかなかマスターできないものです。
Rubyで実行できる短いプログラムがある程度多数載っている本を入手し、実際に開発環境かテキストエディタに入力して実行してみる事でしょう。
IF文の書き方FOR文の書き方、関数、クラス等で自分の知っている言語とどこが違うのかわかると覚えやすいでしょう。
言語固有のよくわからない機能が有るとなかなか苦戦します。
自分でプログラムを書くだけで良いのであれば、よくわかる機能で作ってしまいましょう。読むときはそうはいかないのですが。
プロでなければあまり読む事もないでしょう。

外部変形の実行に必要

RubyはJw_cadの外部変形のgheronの実行に必要です。Rubyをインストールしたり設定を書き換えたり大変そうですね。調べて試行錯誤するしかないでしょう。
他にもRubyを必要とする外部変形はあるみたいですね。

外部変形の推奨するバージョンを選んで

Rubyを必要とする外部変形のマニュアルにはバージョンなんとかで動作確認しましたとか書いてある場合があります。
是非自分のRubyバージョンの選定に役立てられると良いですね。
新しすぎるのも古すぎるのも駄目みたいです。

私もよくわからない

私も外部変形もRubyもよくわかりません。
そもそもJw_cadはなかなか自宅では使う事なんて無いですから。
この辺りが個人が追いかけられるIT技術の限界なのかもしれませんね。
仕事ではお客様が求めれば無限の世界ですから。
でも個人だとExcelですらエディタになってしまいますし。
ITの腕を磨きたい人は一日も早く仕事に就く事でしょうね。
パソコンを使う仕事を転々とできたのは、今思えば運が良かったと思います。
たくさん技術が得られましたし。
これからAIが職場に導入され、風に乗れる人、乗れない人と出てくるのでしょうね。
個人で使えるAIの開発キットやAPIみたいなものが公開されると良いのですけどね。
個人でAIシステムを一から開発しても大した物なんて作れないですから。
ディープラーニングの本なんか読むと、プログラムできるレベルまで原理を理解する事なんてできないですし、大きな研究機関でないと実用に結びつく成果なんてできないのではと思います。

広告