広告


Jw_cadのミラー機能についてお探しですね。

反転の方法が書いてあるサイト

↓2件紹介します。
●図形を上下左右にミラー反転(移動・複写) – JWWの使い方 – Jw_cad 設備設計情報室
https://jwcad.setsubit.com/jww/zukei-hanten.html

●JWW の基本操作 – 図形や線を反転 – Jw_cad 設備設計情報室
https://jwcad.setsubit.com/jww/basic-inversion.html

文字は反転できなそうですが。

カーブミラーのCADデータを探す

“jwcad カーブミラー”のようなキーワードで探しましょう。
“jw_cad ミラー”のキーワードで調べると手で持つ鏡や、洗面台の鏡などがヒットするのではと思っていたのですが、そんな事はありませんでした。
CADの反転機能が並びます。
それにしても鏡は昔は貴重だったのでしょうね。
便利な道具がリーズナブルな価格で入手できる現代ですが、いつまでも続くのでしょうか。AIの動向がどうなるか気になります。
AIも何か自律して悪さを始めそうになったら、コンセントからプラグを抜いて終わりでしょうけど。

長期保存は2重化が大事

パソコンのデータはものによっては長期間保存したいという場合もあるかと思います。
HDDをはじめとする装置は永遠に壊れないなんて事はありえません。
2台のハードディスクにバックアップを取っておけば、同時に2台壊れる事は、扱いが悪くなければ無いと思います。
1台が壊れた時にもう一方が生きていれば、またそれをバックアップしてデータを生かす事ができます。
結論から言いますとミラーリングのNASか外付けHDD3台にバックアップすれば大体大丈夫だと思います。
置き場も自分の手の届く範囲で分散すると良いでしょう。
今は高機能なバックアップストレージもありますが、あまりにも高機能すぎると障害発生時の復旧に手間取ったり新しいストレージを導入する時に苦労します。
小さいサイズのファイルはMOがいいですね。自宅では10年以上取っておけました。
今後は入手が困難になるでしょうね。私も予備が欲しいのですが、なかなかできません。

昔の携帯は鏡の代わりになり便利でした

昔持っていた携帯はカメラが付いていて、液晶画面を見ながら自分を画面に映す事ができたので鏡代わりになり便利でした。
最近のスマホではできなくなりました。

広告