広告


Jw_cadでフォントを追加したいのですね。

フォントは取扱説明書の通りにインストールする

フォントはいろいろなインストールの方法があるのかもしれませんが、やはりソフトのインストールマニュアルにそった手順でインストールした方が、後々トラブルを減らせると思います。
私の場合、ソフトをインストールすると自動的にフォントが増えていて、特にフォントだけ入手してインストールする事は無いですね。

ただしJw_cadで使えるフォントは限られる

Jw_cadで使えるフォントはTrueTypeFontの和文フォントのみです。
要は文字を入力するときに選べるフォントのみという事です。

初期状態で使えるフォントだけ使っていても良いのでは

フォントは今あるフォントの中から選べばいいのではないでしょうか。
この中から取引先の人も持っていそうなメジャーなフォントを使うと良いでしょう。
マニアックなフォントを使うと取引先で表示できないという電話がかかってくるかもしれません。
あえてフォントを追加する必要なんて無いのではと思います。

いろいろなフォントが使えればもっとユーザーが増えるのでは

もっといろいろなフォントが使えれば個性的なデザインができるようになり、異分野で使う人が増えてくるかもしれません。
Adobeのソフトや年賀状印刷ソフトやOfficeソフトを買ってくると、いろいろなフォントも同時にインストールされます。
そのうちのいくつかもJw_cadで使えるようです。
デザインするならグラフィックの専門家はグラフィックソフトを使いそうですね。
設計するモノによりJw_cadやIllustratorとか分かれそうです。
それにしても仕事でJw_cadやIllustraorを使える人は恵まれていると思います。
自宅にあっても使わないです。
仕事で使えば用途はありますから。
パソコンは仕事の道具なのかもしれません。
家にあっても趣味や通信ぐらいしか使わないです。
それにしてもフォントを作った人ってすごいですね。
全部の文字をパソコンのデータにするのですから。
1文字1日かければ10000字で10000日です。
30年かかってしまいます。
30年間の間にメーカーは開発ライセンスを買ったりして最新のフォントが生まれているのでしょう。
個人は世の中にある製品であれば、無理して作ろうとは思わず、買ってきた方が賢いのでしょう。
私も昔はOSを開発して稼ごうとか意気込んでいたのですが、無理だと思ったのはしばらく後の事でした。
個人で出来る事できない事ってあります。

広告