広告


Jw_cadの自動保存ファイルの保存先をお探しですね。

自動保存の保存先

●Jww cad 使い方 入門:図面の自動保存(自動バックアップファイル) 梶山 喜一郎
http://monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/jw_2dcad/jww_basic05.html

自動保存ファイルは、開いたファイルと同じフォルダ内に拡張子”jw$”で保存されるようです。

設定ファイルで指定する事もできる

●Jwwのススメ☆ 自動保存ファイル
http://youshikiya.blog118.fc2.com/blog-entry-3.html

設定ファイルを書き換える事で、決められたフォルダに自動保存ファイルが作られるようです。

拡張子の変更で復活

●【Jw_cadの使い方・小技集】未保存のまま閉じられた図面の復元
http://www.g-hokuto.jp/jwcad/jw002009.html

拡張子を”jww”に変える事で普通の図面ファイルと同じように読み書きできるファイルになるようです。

電力の安定した環境でこまめに保存を

自動保存の設定は行っていた方が保険になって良いのですが、できれば電力の安定した環境でこまめに保存した方が、ロスも減って仕事もはかどる事でしょう。
自動保存したファイルからやり直すとなると、おそらく1回目よりは速くできるとは思いますが、どこから作業を始めればいいか少し不安になるでしょう。
抜けが出てしまうかもしれません。

Jw_cadはどうなのかわかりませんが、昔のソフトは、ファイルが壊れて開かなくなることや作業途中で青画面になって作業をやり直す羽目になる事がよくありました。
時代とともにハードウェアもソフトウェアも性能が上がり、安定して使えるようになりました。
青画面の良く出る時代に、改良をすすめた製品は今後も強いでしょう。これからは消費者の見る目も厳しくなってきて、なかなか新規参入は大変でしょう。
私もパッケージソフトを作ってみたかったのですが、もう無理でしょうね。
あるものを使っていた方がお金も時間もかかりませんし。
無いものを作る事は意味がありますが、今更ビジネスソフトを何か作ってもどうにもならないでしょう。
昔は表計算ソフトも作りかけた事があり、画面が結構斬新で美しいものを作っていたのですが、自分でも使いたいとお世辞にも言えない出来でした。今より暇になったらまた取り組むかもしれません。多分そんな日は来ないと思いますが。

広告