広告


Jw_cadで地図を取り込む方法をお探しですね。

地図を取り込む方法

↓どちらも縮尺を設定するのが一手間かもしれません。
できれば印刷して、スケールを当ててチェックするとよいでしょう。

ラスタベクタ変換

↓ラスタベクタ変換の方法です。
●jwcadでスキャンした図面を綺麗に取り込む方法 – ヤイクス不動産 中津市の賃貸アパート・土地・中古住宅
https://yikes.co.jp/archives/2427
ラスタベクタ変換ソフトで完結しないところが残念なところです。
今後AIが進化してラスタベクタ変換を完璧に行ってくれるソフトが出てくるとは思えないので、まだまだ人間の仕事は残りそうです。
ただ残っても人の仕事は減っていくかもしれません。

ハードコピー

↓少し古いですがハードコピーの方法です。
●JWWへのビットマップ画像の貼り付け方 | Blog
https://2uda.wordpress.com/2009/08/09/jww_pdf/
最近のJw_cadでは画像をファイルの中に埋め込む事もできるとの事です。
ビットマップを貼り付ける機能の場所も変わってきているようなので、もしわからないときは次のサイトが参考になります。
●JWのCADの使い方-画像編集
http://dore.syoutikubai.com/gazou.html

利用規約に気をつけて

大手地図サイトには利用規約が書いてあると思います。どこまでが利用を許諾できるか等書いてあると思うので読みましょう。
特に気になるのは、商用利用はできるのかでしょう。

ホームページ用ならオリジナルな地図を用意するか手続きを経て使用する

ホームページに地図を載せる時は、オリジナルな地図を用意できると一番良いでしょう。

Googleマップ等を利用している会社もありますが、利用規約を読んだり、どうしたら利用できるかよく調べた上で公開しているのだと思います。大手企業が何も考えずに地図をコピペすると大きな問題としてとらえられかねないので気をつけましょう。

それにしても地図がネットで無料で見られる時代に突入したのですね。
ただ紙の地図もそれなりに存在価値はあります。
私も自宅には住宅地図と道路地図は常備しています。
パソコンをつけずにどこでも見れる事や思ったように視線も動かせますし、画面ではできない事はあるものです。
現代人はスマホやタブレットを見ながら運転できるのかもしれませんが、私はまだ道路地図の方が運転しやすいと思います。

広告