広告


Jw_cadのデータについて情報をお探しですね。

Jw_cadのデータの種類

jwkはJw_cad for DOS用の図形ファイルです。
jwsはJw_cad for Windows用の図形ファイルです。
jwcはJw_cad for DOS用の図面ファイルです。
jwwはJw_cad for Windows用の図面ファイルです。
dxfはAutoCADというCADを作成している、アメリカのAutodesk社が定めたデータ形式でAutoCAD間のデータ交換を目的に作られています。
sfcは、日本のCADデータ交換標準コンソーシアムという団体が定めたデータ形式です。

保存場所は自分と他の人がわかる場所に決めておく

保存場所は決めておきましょう。
決して、Jw_cadの保存画面に出てきた場所に何も考えず保存するのはNGです。
考えて決めた場所にしましょう。
そうしないと他の人がそのパソコンを使って保存場所の設定を変えると、どこに保存したのかわからなくなってしまいます。
パソコンのファイルはサイズが少なくても、生きている時間のいくらかを投じて作成されたファイルです。失ったら命を無駄に削った事と同じ事になってしまいます。
会社が負担する人件費も無駄になってしまいますし。

時系列で取っておく事も時には必要

日付のフォルダを作って、いつ作ったり変更したかわかるようにしておくと、後々整理したりファイルを探すのが楽になったりします。
カテゴリや業務名でフォルダを作って分けるのが本当はいいのですが。
会社で決められた方法があるのでしたら、それに従うのを最優先にしなければならないのは言うまでも無い事ですが。

バックアップは厳重に

作成したファイルは時々バックアップを行いましょう。ファイルサイズが小さければMOがいいでしょう。私の実験では10年経ってもファイルを読む事ができました。日の当たらないところに置いたので良かったのでしょうけど、DVDは読み出せないファイルがいくつか出てきました。
最近はサイズの大きいファイルを扱う事も多いでしょう。
大きいファイルはミラーリングのNASに保存するのがいいでしょう。
私は500GBのハードディスク2台内蔵のNASを使っています。
2~3年程度でいっぱいになるので外付けHDD3台にコピーしてNASを空にします。
さすがに3台にコピーすれば同時に無くなる事は無いでしょう。
これぐらいしないと何十年もデータは残せないでしょう。
USBメモリは手軽で持ち運びが楽ですが長期保存には向かないと思います。書き換え可能回数が少ないのと紛失の恐れが大きいのが理由です。

広告